どうして上達しないの?絵を描くために必要なことは!

絵を描くのが好き!でも、なかなか上達しない…

「たくさん描いているのになかなか上達しない」そんな風に悩んでる人も多いのではないでしょうか?

絵の上達に必要なのはとにかく描くことですが、何も考えずにただ描いているだけでは意味がありません。

今回は何をどう描けば絵が上達するのか、そのコツをお教えします!

まずは真似っこ!とにかく模写する!

絵を描くのが好きな人だったら、好きな画家やイラストレーターがいるかと思います。

まずはその人の絵を見ながら模写をしてみましょう。

模写するということは、絵をよく観察するということですよね。

そうやってよく観察していると線の強弱のつけ方や表現の仕方が身に付き、それをオリジナルの絵にも生かすことが出来るようになるのです。

モデルとにらめっこ!とにかく再現する!

次は、物でも人物でもいいので、自分の描きたいもののモデルを用意してじっくり観察してみましょう。

そうすることでちょっとしたディテールの表現等を学べるので、絵にリアリティが出るのです。

中には「デフォルメされた絵が描きたいからリアルは不要」という人もいるかもしれませんが、リアルな表現を理解していなければトンチンカンなデフォルメになってしまいます。

限りなく実物に近付けて描く練習はどんな人にも必須です。

苦手を意識して…とにかく練習!

たくさん描いても上達しない人の共通点は「苦手な部分は描かない」ことです。

顔がいつも同じ角度だったり、手を後ろに組んだり、という構図を無意識に選んでいませんか?

絵に限ったことではなく、苦手だからと避けていては上手くなるはずがありません。

自分がいつも描かないもの、苦手な部分を改めて考えてみましょう。

そして描く!とにかく描く!

観察力、表現力が身に付き、自分の苦手が分かったら…あとはとにかく描くしかありません!

絵の上達には、たくさん描くこと以上の近道はないのです。

イラストの講座では、基礎から応用まで幅広く学べる点が魅力で、丁寧な指導を通して無理なくスキルアップを図れます。