フリースクールでの支援をより効果的なものとするためのポイント

フリースクールではどんな教育内容があるの?

フリースクールで行われる教育内容は施設によって大きく異なります。進学や学校に戻るための力を重視している施設では、個別教育を重視しているところがあります。一方、社会性や社会経験を重視する施設では、教科学習に加えて、職業体験や体験学習、そして社会性の力を向上するためのグループワークなどを取り入れている施設が多いです。従って、子どもに合うタイプのフリースクールを選択することが重要となります。

フリースクールと併せて活用すると効果的になる?

フリースクールでは、主に教員免許をもつ職員が支援を行なっているところが多いです。しかし、場所によっては臨床心理士や精神科医が専門的な支援を行なっているところもあります。子どもによっては、フリースクールに通って集団活動をすれば適応力が向上して学校に戻っていくという場合もあります。しかし中には、臨床心理士によるカウンセリングを必要とする子どもも多くいます。専門家による心のケアが充実しているフリースクールであれば、そこに通うだけで、専門的なケアを受けることができますが、多くの場合では不十分となります。そうなれば、他機関に通って心のケアを同時に行なっていくことが大切になります。機関としては例えば、精神科、発達外来、そして大学にある臨床心理センターなどが挙げられます。これらの機関を利用する時は、各機関がフリースクールと連携しながら支援を行うことになります。そのため、より専門的な支援を受けることが可能となります。

フリースクールとは、不登校や登校拒否の生徒のために、学校以外の施設のことです。学習や交流活動を支援し、その学習で世紀の学校の学習時間とみなすような措置も広がってきています。