活躍の場が広い声優を目指すときのポイント

声優として仕事をするには

声優は、数ある声の仕事の中でも、ナレーションやアニメ、テレビCM、映画など様々な場面で活躍が期待されています。最近では、俳優やアイドル、タレントなどの芸能人が声優として起用される機会も増えていますが、一から声優を目指したい時には、専門学校で基礎的な発声練習からスタートすることが効果的です。特に、声優としての実績を持つ講師にマンツーマンで発生の指導を受けることで、短期間のうちに上達を目指すことができます。また、専門学校によっては、在学中から声優のオーディションを受ける学生に対するサポートが行われることもあります。そこで、声優の夢を叶えるために、各自の能力や希望に合った通学先を探すことが重要です。

声優になるために必要なこと

声優になるには、テレビ局や制作会社などのオーディションに合格をすることが近道です。近年では、公開オーディションを受験する若者が少なくありませんが、審査員から経歴や台本の読み方が厳しくチェックされます。そこで、予備校やボイスレッスンなどに通いながら、声のトーンや発声のクセに応じた受験対策を立てることが重要です。特に、人気のあるアニメのオーディションに合格をすることにより、様々な雑誌やテレビ番組などに取り上げられる機会が増えるため、次の仕事につながりやすくなります。その他、スカウトなどの機会を利用して、業界内で評判の良い芸能プロダクションに所属することで、キャラクターや声質などに合った声優の仕事を回してもらう方法もあります。

声優の養成所は声優になるべくさまざまなことを学ぶ学校であり、夜間コースは社会人でも通うことができます。最近は有名な声優が講師をすることがあります。