日々の介護技術を高めるための研修の重要性

介護現場で導入されている研修

全国の介護現場においては、利用者に対する介護サービスの向上を図るために、様々な機会に研修が行われています。特に、新入社員に対する研修では、基礎的な介助に関する知識を身につけることや、利用者に対する声掛けの仕方などが重視されることがあります。また、介護主任などの役職者を対象とした研修では、経験の浅いスタッフを対象としたコーチングの方法や、介護中のアクシデントなどの対処法などを学ぶ良い機会となっています。また、最近では勤務時間の後に介護福祉士の国家資格を目指すスタッフを対象とした実技の研修がお紺われている老人ホームや老人デイサービス事業所もあり、働きながら試験に対応できる技術を学ぶことができます。

介護の研修講師になる方法

スタッフの研修に力を入れている施設の中には、外部から講師を招いた研修が行われているところもあり、経験豊富な講師から実務に役立つ話を聞くことができます。近年では、介護の研修講師を目指している志の高い介護職員も増えており、特に指導の仕方が上手い人に関しては、各地の介護施設の間でニーズが高まっています。介護の研修講師になるためには、介護福祉士やケアマネジャーなどの資格を取得するだけでなく、様々な現場での実務経験を積んだり、通信教育などで専門的なカリキュラムを受講する必要があります。特に、特別養護老人ホームや病院での経験が長い研修講師は、様々な現場に出向いて指導を行う機会があるため、日ごろから介護に関する技術を磨くことが大切です。

介護職員初任者研修とは、介護の仕事に就こうとする人が身につけるべき基本的な知識や技術を習得するための研修です。介護職の入門資格ともいえ、介護や福祉についての考え方なども学びます。