クレジットカードとデビットカードの違いと賢い利用の仕方

分割やリボでも支払いたいならクレジットカード

クレジットカードとデビットカードでは、返済方法に大きな違いがあります。クレジットカードの場合は、締め日の翌月に一括払いできるだけでなく、限度額の範囲で任意の回数の分割払いや、毎月一定の金額を支払うリボ払いが選択できます。反して、デビットカードの場合は、その場で一括払いしか選択できませんし、口座に返済可能な残高がなければ、原則として決済できません。

審査なしで申し込む場合ならデビットカード

クレジットカードは、いったん立替払いされ、分割やリボなどの後払いができるのですが、相応の審査が必要となります。カード会社が、立替払いが可能で、きちんと返済ができるか判断できれば、限度額が提示されその範囲内で使うことが可能です。一方、デビットカードの場合は、クレジットカードのブランドの決済機能を借りて、口座から即時決済をする機能が付いているのにすぎません。口座の残高が利用限度額となるため、口座を開設している銀行で当座貸越等の不足額の立替機能が付いていない限り、審査が行われないでしょう。高校生や債務整理をして一定期間が経たない方等、クレジットカードの保有が難しい方でも取得しやすいです。

デビットカードのお得な使い方

デビットカードには、利用額に応じて加盟店の共通ポイントや、国際ブランドのポイントが付加される場合がありますし、利用額の規定の割合でキャッシュバックされる物もあるので、参考にするといいでしょう。また、クレジットカードを利用する場合、利用限度額を超えなくても、1度に多額の利用をすると、不正利用の疑いで止められることもあります。デビットカードの場合は、利用限度の上限を、口座アプリ等で一時的に外しておけば、大きな買い物をする時にも止められることがありません。

決済日の異なる複数企業との取引があっても、決済代行を利用することにより、代行会社が代わりに決済を行ってくれるため、自社からは代行会社との決済だけで済むようになります。